「平成の大組み合わせ」にともなう移転手続きの厚意

「平成の大結合」といわれるように
全国の市町村でのジャンボ結合が相次いでいます。

そのため、何年か前にできた絵図が
さっぱり様変わりして役に立たないこともあります。
また、行政が大きくなることによって
「○市○街○○」から「○市○○」に変わり
集落言い方だけでは、こんがらがるなどの差し障りがあります。

一方、実録ときの依頼が簡素化見込めるなど
市内での引越しが多いお客にはメリットになることもあります。
つまり、エリア場を管轄する行政外への移動は「引っ越し」が必要ですが
おんなじ行政内での移動は「移動」で済むのです。

そのため、「引っ越し」と「編入」の2ごとの依頼が1度ですむという
思わぬ利益もあります。
勿論、現住所から遠方への引越しをするお客には
メリットはありませんが・・・

引越しをするときは
荷拵えやアパートの補修など、目に見える支度も大変ですが
それほど、目に見えない雑用が多く
かえって、そっちの側に神経を使うことが多いですね。

「依頼もれ」がないようにするのは、ほんとうに大変ですが
どうにか、意欲で乗り越えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です